休日の過ごし方が将来を左右するかも

 新しい技術が頻繁に生まれ、早い変化に対応しなければならないのがWebプログラマーというものです。現役で活躍し続けるためには、仕事の他にも常に勉強することが求められます。
 そのために他のWebプログラマーと差をつけたい人は、休日は自己投資に時間を割いています。業界の動向に気を配り、どんな技術が生まれているのかをチェックしているのです。そしてWebプログラマーとして求められる技術を身につけるための勉強をしています。独学でもネットを使えば、スキル磨きは可能です。
会社の仕事を通してもスキルは備わりますが、そこで求められるのはあくまでも会社が必要とする能力です。それは効率的に案件をこなすためのものなので、個人のプログラマーのためとは言い切れません。自分のスキルは自分で計画を立てて培うことが必要です。
 そのためには、休日を利用して自分自身のキャリアを高めるための努力が求められます。技術の進歩が早い業界なので、どの会社も生き残るために必死です。そして自分が属する会社がいつまでも業界の中で残る保障はありません。つまり、自分身を自分で守るためにも、休日をどのように生かすかが重要と言えます。
中には休日も仕事に追われるエンジニアもいます。けれども、会社は決してエンジニアを守れるわけではないと心得ることが大事です。そのためにも、キャリアプランを立てて休日を上手く活用し、自分の進むべき道を切り開けるようにすることが大切です。

Webシステムに携わる技術者の活躍に関するインフォ